2007年12月09日

しゃべれども しゃべれども

 佐藤 多佳子さんの しゃべれどもしゃべれども を読んで。
 二ツ目の噺家と話すことに何らかの悩みを抱えた3人の話。4人は落語を学びながら、これからの人生をみいだそうとします。
 この話の中で、”一期一会”という言葉が上手く使われていました。なぜ、同じことを繰り返し練習するでしょうか?仕事であっても、遊びであっても、それらを行うときは季節、場所、顔ぶれなど同じようで同じではありません。ただ一度きりのその場に挑むために、ひたすら練習するのです。その一瞬を最期だと思って、心を込めるためなのです。
 この話は映画にもなっているようなので、近いうちにDVDで見てみようと思います



posted by せいざん at 16:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 本2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一度きり、その場かぎりだと思うからそこ
心を込めるって大事な事ですね。

誰かの心の片隅にふと思い出される、
そんな人になりたいです。
Posted by そのちゃん at 2007年12月12日 21:49
そのちゃん

こんばんは。
私もそんな人になりたいですね。
Posted by せいざん at 2007年12月13日 23:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。