2007年12月23日

ノーサラリーマン・ノークライ

 何となく図書館をブラブラしていると、この本と目が合って読んでみることに。
 中場 利一さんの ノーサラリーマン・ノークライ。
 中場さんの本は初めて読むのですが、プロフィールを見ると”岸和田少年愚連隊”の著者だと分りました。
 ある銀行員の日々の葛藤を喜劇でもなく、悲劇でもなく、坦々と描いています。仕事、恋愛など、サラリーマンの人間関係は、どこにでも有るようなのにややこしくて面白い。
 この本を読むと悩みなんてモノ自体が、ばからしく思えてきます。



posted by せいざん at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 本2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112743200

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。