2007年12月27日

浮世でランチ

 山崎 ナオコーラさんの 浮世でランチ を読んで。
 山崎さんの本を読むのは、”人のセックスを笑うな”に続いて2冊目です。一冊目同様、物語の中には独特の空気が流れていて、時折美しい詩を読んでいるような気分になる本です。
 この空気は、魚喃キリコさんの漫画に似ているような気がします。久しぶりに魚喃さんの漫画を読んでみよう。



posted by せいざん at 23:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 本2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
せいざんさん こんにちは

私は魚喃キリコの大ファンで彼女の作品は
全部所持しています。

その独特の空気感が好きなんです。

修士論文が終わったら、
”浮き世でランチ”ぜひ読んでみます。


それでは〜
Posted by Chiezo at 2007年12月28日 14:03
chiezoさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。
魚喃キリコさん良いですよね。引っ越しのときに整理したので、今は持っていないのですが、たまに読みたくなります。正月に一度、マンキツに行こうかなと思っています。
多分もうすぐ締め切りだと思うので、修論のラストスパート頑張ってください。
Posted by せいざん at 2007年12月28日 20:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。