2007年12月28日

生き方

 稲盛 和夫さんの 生き方 を読んで。
 稲盛さんは言わずと知れた、京セラの創始者です。
 この本には、人生の方程式が書かれています。

 人生・仕事の結果 = 考え方 × 熱意 × 能力

 ここでいう考え方というのは、倫理観であって良いことか悪いことか、人のためか自分のためかということを指しています。すなわち、どんなに熱意と能力があっても、悪いことや自分のためのこと(数字にするとマイナス値)は、かけ算でマイナス値になってしまうということです。
 また、この方程式は足し算ではなくかけ算であるため、能力が少々劣っていていも考え方と熱意でカバーできることを意味しています。変数の並び順も、その優先順位を表しているのだと思います。(1、考え方 2、熱意 3、能力)
 まずは考え方と熱意が大切で、あとは一生懸命努力するのみ。そうすれば、必ず結果が出る。私もそう信じている一人です。



posted by せいざん at 20:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 本2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
私もこの方程式に賛同します。
考え方があっていれば多少要領が悪くても
熱意でカバー出来るのだと思います。
今年、偽という結果しか出せなかったお偉い方に聞かせたい式ですね。
Posted by そのちゃん at 2007年12月31日 20:52
そのちゃん

こんばんは。
そうなんですよね。
ほんとに偉い方に読んでもらいたい本です。
Posted by せいざん at 2007年12月31日 21:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。