2007年12月30日

毒笑小説

 東野 圭吾さんの 毒笑小説 を読んで。
 この本は東野さんのナンセンス系の作品です。この本には12の短編と、巻末には京極夏彦さんとの対談も収録されています。
 以前読んだ怪笑小説に続き、絶えず笑いながら楽しませてもらいました。個人的には”マニュアル警察”や”殺意取扱説明書”が好きです。
 年末の笑い納めや、年始の笑い初めにぴったりの本です。



posted by せいざん at 21:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 本2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
笑い納めには間に合わなさそうなので
笑い始めに読もうかな♪
Posted by そのちゃん at 2007年12月31日 20:57
そのちゃん

こんばんは。
是非是非お試しください。
面白いですよ。
Posted by せいざん at 2007年12月31日 21:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。