2007年11月24日

プリズンホテル【4】春

 浅田 次郎さんの プリズンホテル【4】春 を読んで。
 いよいよシリーズ最終巻です。読む前から、最終巻では泣いちゃうんじゃないかなあと予感していました。心の準備をしていたおかげで、なんとか大泣きはしなかったものの、やはり泣けてくる話です。
 娯楽本という性質を持ちながら、親と子供の関係やあり方について教えてくれる本です。4巻を終えて、あらためて最初の巻から読み直そうと思いました。今度プリズンホテルに行くのは、もっと寒くなってからかなと思います。



posted by せいざん at 21:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 本2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
そうですか・・・じーんとくる最終巻なんですね。
夏 を読んで、面白くて心が温かくなるお話だと思いました。
Posted by そのちゃん at 2007年11月28日 21:17
そのちゃん

こんばんは。
はい、じーんときます。
是非、続けて読んでみてください。
Posted by せいざん at 2007年11月28日 21:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。