2007年11月26日

14歳の本棚

 北上 次郎編の 14歳の本棚 を読んで。
 この本には8人の作家の作品が納められております。
 どの作品にも思春期の思いが描かれており、中学生に本を好きになってもらおうと、長編の冒頭の一部が紹介されています。
 ”サンネンイチゴ” の笹生 陽子さんや、”いちご同盟” の三田 誠広さんは今まで読んだことない作家ですが、どちらの作品も続きが読みたくなる作品です。
 14歳の本棚には他にもシリーズがあるので、それぞれの冒頭部分を読んで、好きな作家を探してみるのも良いでしょう。



posted by せいざん at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 本2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。