2010年05月23日

ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。


ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。 (100周年書き下ろし)

ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。 (100周年書き下ろし)

  • 作者: 辻村 深月
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2009/09/15
  • メディア: 単行本




 久しぶりに面白い小説を読んだという気がしました。伏線も良く効いていますし、良い意味で何度も裏切られました。1章と2章に分れ、違う視点で書かれていたことも飽きずに楽しく読むことが出来た理由だと思いました。
 また、特に似ているわけではないのですが、読んでいて宮部みゆきさんの”理由”を思い出しました。

 辻村さんの他の作品も読んでみたくなる程、おすすめの作品です。
posted by せいざん at 00:00| ☔| Comment(2) | TrackBack(1) | 本2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
面白い小説に出会えてよかったですね。

最近ごたごたしていて、ろくに本を開いてなかったのですが、のんびりのすすめ という本を見つけてときどき眺めています。

そういえば、今夜の月はきれいですよ!
ほんの少しの時間でも、月や星を見るひとときを大切にしたいと思います。
Posted by そのちゃん at 2010年05月27日 21:25
タイトルに込められた意味がわかったときには
涙が出てしばらく文字が見えませんでした。
トラックバックさせていただきました。
Posted by 藍色 at 2010年12月08日 01:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/150894145

この記事へのトラックバック

ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。 辻村深月
Excerpt: 30歳という岐路の年齢に立つ、かつて幼馴染だった二人の女性。 都会でフリーライターとして活躍しながら幸せな結婚生活をも手に入れたみずほと、 地元企業で契約社員として勤め、両親と暮らす未婚のOLチ...
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2010-12-08 01:34
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。