2010年10月30日

夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです


夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです

夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです

  • 作者: 村上 春樹
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2010/09/29
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




 この本は、村上さんのインタビュー集です。

 村上さんは、基本的に取材に応じないし、小説はテキストをそのまま楽しむことが大切だといつも言っているので、こんなにたくさんのインタビューを受け、自身の小説について語っているのを知って驚きました。

 一番印象的だった言葉は。

 作家にとって書くことは、目覚めながら夢をみるようなものです。

 このような体験を正確にはしたことはありませんが、とても共感できる言葉です。たぶん、なんらかのタイミングで近い体験をしているからでしょう。

 大変興味深い一冊でした。
posted by せいざん at 09:28| 神奈川 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 本2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

そうゆう内容なんですね。
タイトルだけは知っていました。

目覚めながら夢をみるって素敵な感覚でしょうね!
日常をすごしながら非日常をかいま見るような・・・シャガールの世界かな?
Posted by そのちゃん at 2010年10月30日 22:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。