2010年11月26日

天地明察

天地明察 [単行本] / 冲方 丁 (著); 角川書店(角川グループパブリッシング) (刊)

 この本は、昨年の本屋大賞受賞作品です。
 さすが本屋大賞受賞作品のことだけはあって、非常に面白かったです。渋川春海が世のために体制へ挑戦する様が心を打ちます。
 一番心に残ったのは、授時暦自体の誤謬に気づかなかった点です。誰もが完全だと思うものにも間違いが内在してること。
 それに気づくためにはどうすれば良いか。そのためには、先入観なく素直な心で物事を見つめなければなりません。
 改めてその事を考えさせてくれた本です。

posted by せいざん at 08:13| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。