2010年11月28日

THE BIG SLEEP

The Big Sleep: 1400 Headwords (Oxford Bookworms Library) [ペーパーバック] / Raymond Chandler (著); Rosalie Kerr (編集); Oxford University Press (刊)

 チャンドラーの 大いなる眠り を英語で読んでみました。英語と言っても、1400語だけで構成された学生向けの英語勉強本ですが。。。
 複雑な話を簡単な英語で書いているため、深く楽しむことは出来ませんが、それでもドキドキしながら読むことが出来ました。
 私はこの手の英語勉強本が結構好きで、時々無性に読みたくなります。たぶん、読んでから脳で理解するまでのステップが日本語の本と違うからだと思います。普段使わない部分の脳を使いたくなるのかもしれません。
 英語を早く身につけたい人には、この手の本の乱読をお奨めします。

posted by せいざん at 22:16| 神奈川 | Comment(1) | TrackBack(0) | 本2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。

英語本なんてすごいですね!

私は、初めての海外旅行で買った妖精の本を
たま〜に読んでいます。
意味がよく分からないところもありますが
絵がきれいなので眺めているだけでも楽しいです。
Posted by そのちゃん at 2010年11月29日 14:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/171043287

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。