2010年12月04日

モチベーション3.0

モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか [ハードカバー] / ダニエル・ピンク (著); 大前 研一 (翻訳); 講談社 (刊)

 この本は、ダニエル・ピンクの最新作です。
 簡単にいうと、モチベーションを維持、向上させるために信賞必罰を使うことは、もう時代遅れである、と言っています。確かに私もそう思います。

 どうすれば良いか?
 
 マネジメントではなく自己決定の復活
 高い成果をあげるためには、第3の動機付けが必要。
  自らの人生を管理したい
  自分の能力を広げて伸ばしたい
  目的を持った人生を送りたい

 これらは究極的には
 
 プロフェッショナルとは、気乗りしない日でも自分が心から愛することをする。
 
 お意味していると思います。この考え方が必要な時代がすでに来ていると思います。

posted by せいざん at 11:32| 神奈川 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 本2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

素敵な考え方ですね!
きちんと実践すれば、有意義で楽しい人生が送れると思います。
Posted by そのちゃん at 2010年12月05日 21:42
そのちゃん

いつもコメントありがとうございます。
確かにそう思います。
Posted by せいざん at 2010年12月07日 05:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/171913842

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。