2010年12月27日

a study of scarlet

A Study in Scarlet (Yohan Ladder Editions 102)

A Study in Scarlet (Yohan Ladder Editions 102)

  • 作者: Arthur Conan Doyle
  • 出版社/メーカー: IBCパブリッシング
  • 発売日: 1993/09
  • メディア: 新書




こつこつと英語の本を読んでいます。シャーロックホームズのシリーズは好きで、以前も良く読みました。
内容は2部構成になっており、二つの物語が最後に繋がります。ホームズは、いつものように現場に残された手がかりだけで事件を解決してしまいます。読解力の参考になりますね。

 この本の語数は23,000語で読みきるのに230分かかったので、読速は100語/分でした。

語数の計算は下記を参考に概算で出しました。
 http://www.seg.co.jp/sss/word_count/how-to-count.html

現在まで英語多読のトータルは、4冊78,000語です。
posted by せいざん at 00:00| 神奈川 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 本2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

こつこつ頑張っていらっしゃいますね。
私は寝る前にすこしづつ本を読んでいます。
日本語ですが・・・。
Posted by そのちゃん at 2010年12月29日 22:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。