2013年02月02日

The man who planted trees

 年末に Kindle Paper White を購入しました。さて、一番最初に購入すべき本は何かと考えたところ、大好きな本の一つである”木を植えた男”の英語版にすることにしました。

 世界中で効率が求めてられている中、世の中のスピードが上がっていくことで、人々の生活は味気ないものになっているように思います。また、何の見返りも求めずこつことつと努力することが軽く見られることで、長期的な視野が失われているようにも思います。

 自分の根本を作っているこの本を繰り返し読むことで、もう一度私達が本来あるべき姿を見つめ直したいと思っています。また、英語で読むことでこの考え方を現地の方々に伝えることが出来たらと思っています。

 Kindle で読んでいて良かったと思うことは、タッチするだけで分らない単語の意味を調べることが出来ることです。通常は読むリズムを崩さないことと、前後の文脈から分らない単語の意味を推測する力を付けるために、意味を調べないのですが、どうしても調べたいときはリズムを崩さずに調べることができるので、とても便利です。

 この本の語数が約4,000語だったので、これで私の英語多読マラソンは26冊444,000語になりました。

 また今年の目標である英語の本50冊読破まで、あと49冊です。

posted by せいざん at 11:14| 神奈川 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 本2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
効率だけの人生はつまらないです。

人生山あり谷あり、遠回りしたりあたりを見渡して川のせせらぎに耳を傾けたりと、ぼちぼち歩いていけたらなぁと思います。

コメントが、山行きっぽいですね(笑。
Posted by そのちゃん at 2013年02月04日 22:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/318453533

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。