2013年03月29日

犬が西向きゃ尾は東

犬が西向きゃ尾は東 (角川文庫) [文庫] / 伊集院 静 (著); 角川書店 (刊)

 伊集院さんの本を読みました。伊集院さんが行った一年間のギャンブルに関して綴った本です。特に競輪に焦点が当てられています。
 私は全くギャンブルをしませんが、仕事のことを完全に忘れることと、非日常に我が身を置くという意味で、1日中競輪場にいるのも良いなあと感じました。
 また、この本の中で ”競輪をななめに見る癖がついた” という表現がとても気になりました。長い間一つのことに集中しそれに慣れてくると、誰もがそうなってしまいます。幸之助翁がいう ”素直な心” が大切ということに繋がっているのだと思います。

 私も物事をななめに見ないように気をつけたいと思います。

posted by せいざん at 10:28| 神奈川 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 本2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最近、一日中非日常に身を置くことから遠さかっています。

今日は少しだけ桜を見ながら歩きました。
強風に散る花びらはいつもより儚く感じました。

ロンドンにも桜は植わっているのかな・・・。
Posted by そのちゃん at 2013年04月07日 21:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/354400515

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。