2013年05月27日

日本語の作法

日本語の作法 (新潮文庫) [文庫] / 外山 滋比古 (著); 新潮社 (刊)

 久しぶりに外山先生の本を読みました。外国にいると外山先生の言葉が心に染みます。私の母国語は日本語ですから、日本語を正しく理解し、正しく使うことが外国語の上達に繋がるのだと思います。
 外国語を学んでいる日本人に気づいてほしいことです。

posted by せいざん at 19:56| 神奈川 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 本2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本語の良さや美しさをもっと知って、正しく使いたいです。
じめじめした梅雨の時期も、日本語で表現すると風情のある季節に感じられます。
そうすると、心に雨音が沁みて穏やかな気分になるのが不思議ですね。

でも、ここ最近は豪雨で困ります。
やれやれ。
Posted by そのちゃん at 2013年06月20日 22:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/366597438

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。