2013年07月14日

The Great Gatsby

The Great Gatsby [ペーパーバック] / F. Scott Fitzgerald (著); Scribner (刊)

 小さな夢を1つ実現しました。それは、この本をいつか原文で読むという夢です。村上春樹氏がこよなく愛する何冊かの一冊で、60歳までに翻訳すると公言し、それを実現した本です。

 今までに、村上氏の翻訳以外にも、他の方の日本語訳、先日読んだラダーシリーズの英語版、先月見たディカプリオ主演の映画などいろんな側面からこの作品に触れてきたと思います。その度に、この作品はそこまでの作品か(村上氏が絶賛し、英語で書かれた20世紀最高の小説では2位を獲得)という疑問を拭いきれませんでした。

 しかし、原文を読んで少し鳥肌が立ちました。たぶんこの本のすばらしさは英語という文章でしか伝わらないのかも知れません。

 まだまだ分らない単語が沢山ありましたが、kindle版を購入したので、これからも隙間時間を使って何回も楽しみたいたいと思います。

 この本の語数が約49,000語だったので、これで私の英語多読マラソンは41冊844,000語になりました。(残り20万語を切りました!)

 また今年の目標である英語の本50冊読破まで、あと34冊です。

posted by せいざん at 20:16| 神奈川 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 本2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
夢がひとつ実現してよかったですね!

どんな小説でも原文が一番なんでしょうか。
使われている言語の違いで印象が違ってくるのでしょうね。

残り20万語の道のり、着実に走ってください!
Posted by そのちゃん at 2013年07月17日 22:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/369280798

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。