2013年07月27日

Everyone's reading Bastard

 英語多読マラソンの一環として。ニック・オンビーの短編小説で、kindle版でしか販売されていません。定かではありませんが、日本のアマゾンでは購入できないではないかと思います。

 私は日本人ですが、この主人公の気持ちがよく分ります。まだまだ分らない単語が沢山ありましたが、繰り返し読んで完成度を高めたい本の1つです。

 kindle版の良いところの1つは、単語を長押しすると辞書が自動的に訳を表示してくれることです。多読は、基本的に辞書を引かずに読まなければなりませんが、何度も出てくるキーワードの意味ををリズムを止めることなく知ることが出来るので、有効的だと思います。

 先日古本屋で購入したこの著者の2冊も早く読みたいな。

 この本の語数が約8,000語だったので、これで私の英語多読マラソンは43冊892,000語になりました。

 また今年の目標である英語の本50冊読破まで、あと32冊です。



 

posted by せいざん at 21:43| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。