2013年07月30日

Mueder on the orient express

Murder on the Orient Express [ Agatha Christie ]

 英語多読マラソンの一環として読みました。
 アガサクリスティの名作、オリエント急行殺人事件です。所謂名探偵ポアロシリーズです。
 正直とても面白かったです。名作は言語の壁を越えるなあと思いました。平易な文章でリズム(テンポ)出しながら、心情が巧みに表現されています。また、英語という言語が持つ論理的構造が物語を自然に、違和感なく結論へと導いていきます。推理小説とは本来英語で書かれるべきなんだろうなあと納得させられた本です。

 この本もいつか読み直したいですが、それよりも前に他のポアロシリーズを読破していこうと誓ったのでした。

 この本の語数が約57,000語だったので、これで私の英語多読マラソンは44冊949,000語になりました。(このくらいのボリュームの本を週に一冊、継続的に読めるようになればかなりの実力がついてくると思います。)

 残り10万語を切りました!

 また今年の目標である英語の本50冊読破まで、あと31冊です。


posted by せいざん at 20:16| 神奈川 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 本2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。

オリエント急行殺人事件は本(もちろん日本語)と確かテレビ映画で観ました。
面白かったのを覚えています。

残り10万語を切ったんですね。
すごいです!
ますます頑張ってくださいね!
Posted by そのちゃん at 2013年08月01日 14:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。