2014年03月17日

About a boy

英語多読マラソンの一環としてこの本を読みました。この本は映画化もされており、10年くらい前に見たことがあります。現在、頼りない男の代名詞と言えば、私の中では主演のヒューグラントであり、本で描かれている通りのダメ男を演じていました。
ダメ男と少年の友情を通して、お互いが成長していく様を書いたこの作品は、好きな映画のひつでもありました。
エンディングが映画とは異なりますが、非常に面白い本でした。

総語数が約83,000語だったので、これで私の英語多読マラソンは53冊1,320,000語になりました。

3月も半ばになり、ようやく英語の本を一冊読み終えました。
posted by せいざん at 05:43| 神奈川 | Comment(1) | TrackBack(0) | 本2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

原作とそれを映画化した作品を見比べるのは、面白いですね。

最近、友人を通じて外国の方がコメントしてくださるので、英文を書く練習になります。
長い間大切に持っている妖精の本を訳したいので、次女にそのことを言うと、翻訳ソフトというのがあるよ〜と教えてくれました。

そんなこんなで、少しづつですが、英語の勉強をしようと思っている今日この頃です。
Posted by そのちゃん at 2014年03月21日 21:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。