2014年08月17日

A wild sheep chase

A Wild Sheep Chase -
A Wild Sheep Chase -
この本も村上春樹さんの本で、羊をめぐる冒険の英訳書となります。
この本はネズミシリーズ3部作の3作目です。
もちろん日本語でも何度でも読んでいますが、英語で読むとこの本の良さが伝わって来ませんでした。それは、私の英語力が弱いせいだと思います。そのため、読み終わるのにものすごく時間がかかりました。リズムが掴めなかったと言った方が正しいかもしれません。

もう少し英語力が上がれば、読み返してみようと思います。

この本の総語数が約87,000語だったので、これで私の英語多読マラソンは56冊1,597,000語になりました。


posted by せいざん at 10:31| 神奈川 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 本2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月16日

Blind willow, sleeping woman

Blind Willow, Sleeping Woman -
Blind Willow, Sleeping Woman -
英語多読マラソンの一環として読みました。
海外の読者向けに村上春樹さんの短編を集め英訳したもので、26の短編で構成されています。
中でも下記の短編を楽しんで読むことができました。

A folklore for my generation
Tony Takitani
Chance traveller
Hanalei bay

いずれも日本語で読んだことがあるのですが、英語で読んでも日本語で読んだ時と同じような行間を感じることができます。海外で生活していて、日々自分の気持ちや考えを英語で話すことの限界を感じる中、優れた翻訳を読むと、それは言語の限界ではなく、自分の今の実力で有ることが分かります。
これからももっと英書を読み、そのギャップを埋めるように努力しなけばなりません。

この本の総語数が約160,000語だったので、これで私の英語多読マラソンは55冊1,510,000語になりました。
posted by せいざん at 10:14| 神奈川 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 本2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月07日

Les miserable

英語多読マラソンの一環で読みました。また、年末の帰省の飛行機の中で映画を見たのですが、内容をより深く理解するために読みました。思った以上に英語を聞けており、ほとんど思っていた通りの内容だったので、嬉しかったです。
総語数が約30,000語だったので、これで私の英語多読マラソンは54冊1,350,000語になりました。

今年の目標達成まであと23冊です。

もっとペースを上げないといけません。
posted by せいざん at 01:23| 神奈川 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 本2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月17日

About a boy

英語多読マラソンの一環としてこの本を読みました。この本は映画化もされており、10年くらい前に見たことがあります。現在、頼りない男の代名詞と言えば、私の中では主演のヒューグラントであり、本で描かれている通りのダメ男を演じていました。
ダメ男と少年の友情を通して、お互いが成長していく様を書いたこの作品は、好きな映画のひつでもありました。
エンディングが映画とは異なりますが、非常に面白い本でした。

総語数が約83,000語だったので、これで私の英語多読マラソンは53冊1,320,000語になりました。

3月も半ばになり、ようやく英語の本を一冊読み終えました。
posted by せいざん at 05:43| 神奈川 | Comment(1) | TrackBack(0) | 本2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。