2007年10月09日

これ誰がデザインしたの?

 これ誰がデザインしたの? を読んで。
 図書館でブラブラしていて、目が合ったので読んでみることに。
 ドトールのロゴが中西元男率いるPAOSによるCIだったと知って、少しびっくりしました。しかも、コンセプトはどんなお客様も拒絶しない。仕事の合間の時間つぶし、簡単な食事などができ、安っぽくもなく高級でもなく。確かにそういう雰囲気がしっかりできているので、客層もサラリーマンから女性、学生、お年寄りまで幅広いです。
 また、三菱ユニのデザインも長年変わらず美しいですね。私は社会人になるまで、シャープペンシルは使ったことがなく、三菱ユニを愛用していました。理由は3つ。

 1、持ったとき、書いているときの感触が好き
 2、削る時の音や匂いが好き
 3、使っているときに短くなっていく様子が好き

 今ではノートとかに書くときには水性ペンを愛用していますが、また三菱ユニに戻ろうかなあ。
他にも、コンビニのカンバンデザインの特徴、タバコのデザインのエピソードや意味合いなどがわかり面白かったです。

posted by せいざん at 23:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 本2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月08日

愛がいない部屋

 今日も読書と転寝で過ごしました。今になって体調は良くなってきて、どこかへ遊びにいきたい気分です。明日から仕事だというのに。。。そんなことを思いながらも、実際は本を読んで寝るだけなんですけど。 

 石田 衣良さんの 愛がいない部屋 を読んで。
 この本は、神楽坂に建つ高層マンション メゾン リベルテ を舞台にした10の短編で構成されています。どの話も胸が空っぽのまま終わってしまいます。この余韻は良くも悪くもなく、方向性が見えず宙に浮いたような感じです。後は自分なりのストーリーを展開してくださいと言われているような感じもします。

 僕は海の近くの一軒家に住んでいるのですが、近いうちに都心に1LDKのマンションを買おうと思っています。場所は代官山から中目黒あたりをイメージしていたのですが、昨年WBSに通ってたことやこの本を読んで神楽坂も良いなあと思っています。
 久しぶりに夜の神楽坂に出かけてみたくなりました。

posted by せいざん at 23:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 本2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月07日

少年計数機

 3連休というのに少し風邪気味で、読書と転寝で過ごしています。もったいないなあと思いながらも、体のだるさのせいで外出する気も起こりません。まあのんびり過ごしましょうか。

 石田 衣良さんの 人間計数機 を読んで。
 この本はI.W.G.P(池袋ウエストゲートパーク)シリーズの第2弾です。
 石田さんがこのシリーズで描く人物には、いつも何かが欠けています。しかし、それは異常なことでなく、人間として当たり前のことで、それぞれのキャラクターに共感することができます。 現代は心の病が増えたようにいわれますが、私はそうは思いません。昔から存在していたのですが、そういった言葉やカテゴリーがなかっただけだと思っています。ただ、昔よりは生き辛くなっているのは事実かもしれません。また、寿命が長くなったことで、心と体のバランスが崩れているのかもしれません。社会に出るまでの悩む時間が18から22歳くらいまでではなく、30歳くらいまで必要なのかもしれません。

posted by せいざん at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 本2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月06日

ウォーク・ドント・ラン

 ウォーク・ドント・ラン を読んで。
 村上 龍さんと村上 春樹さんの対談集。今から26年前に発行された本で、この本の存在は知っていましたが読まなかった本です。今まで読まなかった理由は、この二人が仲良くあってほしくないという思いがあったらからです。それは二人の書くことに対する姿勢が、あまりにも違うと感じていたからです。しかし、今考えると本当は二人とも同じことが言いたいのではないかと思えるようになり、読んでみることに。
 この頃の春樹さんは、ジャズ喫茶を経営する傍ら執筆していた初期(デビューして1,2年)の頃で、あくまでも物書きが本業ではないというスタンスで話されているところが興味深いです。
 また、会話には二人の私生活についても触れられており、龍さんが子供ができたことに対し春樹さんが”うちもそろそろかな”と言っているところが以外でした。村上さんが子供を作るなんて、小説からは全く想像できないからです。
 ”限りなく透明に近いブルー”が何年もかかって書かれたことや、”風の歌を聴け”は英語で書いてから日本語したことなどのエピソードも面白かったです。
 これを踏まえて、今の二人を対談させてみたいです。

posted by せいざん at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 本2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月03日

一瞬の風になれ 2(ヨウイ)

佐藤 多佳子さん の 一瞬の風になれ 2(ヨウイ) を読んで。

この本は 第四回本屋大賞(2007)受賞作品です。

 2に入ってから主人公、新二のタイムも順調に伸びていく中で、トラブルなんかも発生し面白くなってきました。スポーツとはあまり縁がない人生を送ってきたので、スポーツモノは得意じゃないほうなのですが、この本は面白いですね。早く3が読みたいなあ。
 全体を通しての感想は、最終巻である3を読み終わるまで取っておきます。

posted by せいざん at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 本2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月02日

池袋ウエストゲートパーク

 石田 衣良さんの 池袋ウエストゲートパーク を読んで。
 この本は石田さんの最初の小説であり、出世作でもあります。6,7年前に宮藤 官九郎さんの脚本のドラマを見ていたこともあり、ドラマの印象が薄まるのを待って原作を読みました。
 登場人物が生き生きとしていてテンポよく物語が進むので、とても面白くまたドラマを見たくなりました。マコトはドラマより原作のほうがかっこ良いかなあ。
 このシリーズは何作か続いているようなので、ぼちぼち読んでいこうと思います。

posted by せいざん at 20:56| Comment(0) | TrackBack(1) | 本2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月01日

一瞬の風になれ

 今日から10月です。急に涼しくなって、ちょっとだけ体がびっくりしているような感じです。でも、これからの時期本をたくさん読めるような気がして、それだけでワクワクしてしまいます。

佐藤 多佳子さん の 一瞬の風になれ 1(イチニツイテ) を読んで。

この本は 第四回本屋大賞(2007)受賞作品です。

本屋大賞 の過去受賞作
   第一回 小川洋子さん 博士の愛した数式
   第二回 恩田 陸さん 夜のピクニック
   第三回 リリー・フランキーさん 東京タワー

 陸上競技の短距離、400Mリレーに夢中になっていく高校生のスポーツ青春モノ。3巻で1作のようですが、まだ1巻しか読んでいないので、序論が終わったようなところです。最初はイマイチ熱中できなかったのですが、読めば読むほどに引き込まれていく本です。
 

posted by せいざん at 20:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 本2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月24日

夜明けの街で

 東野 圭吾さんの 夜明けの街で を読んで。
 この本はいきなり ”不倫をするやつなんて馬鹿だと思っていた。” から始まります。なのに主人公は不倫をしてしまうのです。どうしようもなく。15年前の殺人事件とリンクしながら、主人公はどんどん深みへとはまって行きます。そして意外な結末へ。
 近年の東野さんの作品は話がとても滑らかに進み、ところどころにある伏線が最後に一気に繋がり、読んでいて心地良いです。
 巻末には、主人公の不倫を止めようとする親友、新谷自身の不倫騒動が番外編として収録されており、そのサイドストーリーが物語をさらに面白くしてくれます。
 不倫については賛否両論あると思いますが、僕は好きではありません。なぜなら、その経験によって得た喜びに対する支払うべき代償が、あまりにも大きすぎるからです。でも、恋愛って理屈や損得勘定でははかれないので、起こるときには避けられないのでしょうね。
 そんなことを思う一冊です。

posted by せいざん at 19:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 本2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月22日

Norwegian Wood

 講談社英語文庫から出ている ノルウェイの森(英訳) をブックオフの105円コーナーで見つけ読みました。この本の原本を読んだのが今から20年くらい前のことなので、英文を読みながらこんな話だったかなと思いながら読みました。特に第一章はそう感じたのですが、後で原本を読んでみると当時はほとんど読み飛ばしていた第一章のすばらしさが、やっと分かったような気がします。
 
 ”文章という不完全な容器に盛ることができるのは不完全な記憶や不完全な想いでしかないのだ。”

 この文章を読むまで、想いを言葉に置き換えるためには、時間をかけて混乱している想いを整理しなければならないのだと思っていました。でも本当は、その出来事が鮮やかさを失い記憶が不完全になることで初めて、混沌とした言葉の洪水から抜け出し、文章という形になっていくのかもしれません。

 文章にするということは、ある意味その出来事や想いを過去にするという行為なのだと思います。

posted by せいざん at 23:49| Comment(4) | TrackBack(0) | 本2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月21日

小説 こちら葛飾区亀有公園前派出所

 小説 こちら葛飾区亀有公園前派出所 を読んで。
 この本は 秋本 治さんのロングセラー人気漫画 こちら葛飾区亀有公園前派出所 を7人の作家によって小説化したものです。
 この本の面白いところの1つに、小説でおなじみの主人公と両さんが共演していることです。例えば、大沢在昌さんの作品では新宿鮫の鮫島と共演し、石田衣良さんの作品では、池袋ウエストゲートパークの誠と共演しているのです。偶像化されているものとされていないものの共演は、妙な違和感があり趣深いです。
 楽しんで読める本です。

posted by せいざん at 23:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 本2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月20日

伊豆の踊り子

 福岡への出張の間、何度か 伊豆の踊り子 を読み返しました。
あまりにも有名な本で、すばらしい文章がたくさん詰まっていますが、個人的には文末が一番好きです。(今日現在)

 私は涙を出委せにしていた。頭が澄んだ水になってしまっていて、それがぽろぽろ零れ、その後には何も残らないような甘い快さだった。

 私の好きな泣き方をこんなに的確に表現されると、泣くという行為のすばらしさを思い知らされます。

posted by せいざん at 22:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 本2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

あなたがここにいて欲しい

 中村 航さんの ”あなたがここにいて欲しい” を読んで。
 この本は3つの短編で構成されています。中村さんの小説は思春期の不安定さを題材にした恋愛ものが多く、この本もそんな感じでした。
 今の自分にとっては少しあまったるい感じですが、まあこんな時代もあったなあと少し懐かしい気持ちになるもの事実です。このように懐かしい気持ちになるのは、中村さんと私が同じ年であることが原因だと思います。設定されている時代背景や流行が同じなので、いやおう無しに共感してしまうのです。
 小学生の時にジョンレノンが亡くなったり、高校生の時にハレー彗星が近づいてきたり。。。40前の方は読むと昔を思い出してしまうでしょう。

posted by せいざん at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 本2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月11日

送り火

 重松 清さんの 送り火 を読んで。
 会社の方の貸してくれた3冊の内の1冊。
 この本は、私鉄沿線をキーワードにした9の短編で構成されています。全体的に暗い話ですが、自分よりはちょっと上の年代について書かれた話です。重松さんが私より6歳年上であることを考えると、ちょうど重松さん自身の年代について書いてあるのだと思います。後何年かしたら自分も同じようになると思うと、おのずと暗い気持ちになってしましました。
 まだ物語に共感まではできませんが、考えさせられる本ではあります。

posted by せいざん at 06:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 本2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月10日

ショートショートの広場11

 ショートショートの広場11 を読んで。
 素人が書いたショートショートを阿刀田 高さんが選んだシリーズの第11弾。営業マンの頃、星新一さんのショートショートの広場を車の中に乗せていました。ショートショートは1作を1分から3分くらいで読めるので、ちょっとした時間つぶしに最適でした。本屋でこの本を見つけたときに、今は阿刀田さんが編者なんと思いながら、当時を思い出し手にとりました。
 個人的にはブラックユーモアやナンセンス系が好きで、ひねりがあるやつはあまり好きではありません。ひねり方が見えてしまうので。
 また、ショートショートにはたくさんのアイデアが詰まっていて、仕事のヒントになることが多いのも事実です。煮詰まったときの息抜きにどうでしょうか。

posted by せいざん at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 本2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月03日

コーチングで子供が伸びる!

 コーチングで子供が伸びる! を読んで。

 涼しくなってきたので、だんだんと集中して本が読めるようになって来ました。(やっぱり、暑いとだめですね)
はっきり言って、この本は子育てのためだけの本ではないです。部下の育て方や単なる人付き合いにも役立つ本だと思います(出来が悪い上司に何回も読ませたい本です)。

 1ページ毎に

 すべてを傾けて話を聞く
 叱らずにすむ方法を考える
 自分達で問題を解決させる

という感じで簡潔に分かりやすく書いてあるので、以前紹介した デイリードラッカー のように1日1ページ読んで確実に身につけていきたいと思います。
 部下との付き合いに困っている人は、是非読んでみてはいかがでしょうか。

posted by せいざん at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 本2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

重力ピエロ

 伊坂幸太郎 さんの 重力ピエロ を読んで。
 いつも会社で本を貸してくれる方が、”こんなのどう?”と持ってきてくれた3冊のうちの1冊です
 この本には、とにかくたくさんの引用が出てきます。ガンジーの言葉、山椒魚、走れメロスなど。。。そして、最近読む本には、人生についての同じような言葉が出てきます。この本では、

 人生というのは川みたいなものだから、何をやっていようと流されていくんだ。

という言葉で現れてきました。ポールが言うように結局は”Let it be”なのかな。過去や未来にとらわれることなく、無心に今を生きる。そんなことを考えながら読んだ1冊です。

posted by せいざん at 22:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 本2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月31日

脳が冴える15の習慣

 脳が冴える15の習慣 を読んで。
この本は、脳神経外科医の 築山 節 さんによって書かれています。
脳や思考のために大切なことが書いてあり、どれも大切なのですが、中でも以下の2つは自分も大切にしています。

1、十分な睡眠
  十分な睡眠により頭の中が整理されます。寝る前に大雑把に考えていたことが、朝起きたらまとまっているのは十分な睡眠のおかげなのです。

2、忙しいときほど机の整理をする
  物の整理は思考の整理に通じているためです。私も煮詰まると机の片付けをはじめるので、まわりは忙しいときに何やってんの?という顔で見ますが、この作業は予想以上にその後の仕事の効率アップに役立ちます。

 皆さんも試しにやってみてください。必ず効果が出ますので。
 

posted by せいざん at 23:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 本2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月29日

掘り出し物

 先日、ブックオフの105円コーナーで3冊買いました。

070819 001.jpg

 @ チャンドラー の ザ・ロング・グットバイ (洋書)
 A 人事屋が書いた経理の本
 B 文豪ナビ 川端 康成

 @はほぼ新品でほんとに掘り出し物だと思います。Aはビジネススクールの法木先生の推薦書。いずれも105円なんて信じられません。とてもラッキーな1日でした。

 でも最近暑くてなんだか本を読む時間がめっきり減っています。今夜は涼しかったので、久々にベットで本を読みましたが。。。
 早く秋がこないかなあ。。。

posted by せいざん at 22:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 本2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

ウェブ社会をどう生きるか

 ウェブ社会をどう生きるか を読んで。

 中でも気になったのは、”しみ込み型”教育と”教え込み型”教育について。
 ”しみ込み型”とは弟子が親方の姿を見て学んでいく方法。
 ”教え込み型”とはそのまま読むが如く、教え込んでいく教育方法です。
 最近では、人材育成、人材確保を重要とするので”教え込み型”の教育を行うようになりました。私は、教え込む側の仕事をしながら、この教育方法があまり好きではありません。
 師匠の背中を見て、技を盗んで覚える。自分で考えて必要な部分だけ盗む。盗んだものを自分流にアレンジする。教え込み型で得たものが単なる知識であるのに対して、自ら苦労して手にしたものは力となります。
 理想を言えば、この2つの教育方法の融合したものが一番良いのかもしれません。

posted by せいざん at 20:20| Comment(2) | TrackBack(1) | 本2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月18日

プリズンホテル【1】

 浅田 次郎さんの プリズンホテル【1】を読んで。
 先月、後輩と郡山に出張した際に新幹線の中で話す中、お奨めの本として紹介してもらいました。(誰かに会うと必ずお奨めの本を聞いて読むようにしています。)
 小説家である木戸孝之介のおじさん(ヤクザ)が、ヤクザ相手にホテルを開業し、そこをめぐっていろいろな騒動が起こるという話です。ヤクザが開業したヤクザ相手のホテルといっても、けっして恐い話ではありません。反対に、人情味あふれる娯楽本であります。
 登場人物全員が生き生きとしていて、とても楽しく読むことが出来ました。出てくる人皆が、一生懸命生きているのがなんとも良いですね。また、主人公の木戸孝之介という名前が、売れなかった頃の浅田さんのペンネームという裏話も結構笑えます。
 
 こんなホテルあったら泊まりたくはないけど、見に行ってみたいなあと思います。

posted by せいざん at 23:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 本2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。